【横浜市 相談】 年末調整、保険料控除について

query_builder 2021/11/03
保険

保険料控除

早いもので今年も後2ヶ月となりました。
年末調整の時期ですね。

皆さんは生命保険料控除の枠は使用していますか?
今回は保険料控除についてお話しさせていただきます。

生命保険料控除は全部で3種類あります。
具体的には「一般生命保険料」「介護医療保険料」「個人年金保険料」です。
簡単に言うと、死亡保険(定期・終身保険)と医療保険(がん保険等)と年金保険にそれぞれ約7,000円、
保険料を払っていると控除額が満額で取れます。
年間80,000円の保険料がそれぞれ上限となっております。
※地震保険の控除については50,000円の保険料が上限となっております。

2012年1月1日以降に締結した保険契約については所得税が

それぞれ40,000円限度、住民税がそれぞれ28,000円限度(住民税は70,000円が上限)となっています。


こちらは会社に年末調整の用紙を提出する際に、記入します。
また、保険会社から届く生命保険料控除の用紙(原本)を一緒に提出する必要があります。
たくさん加入している方は全て記入や提出の必要はなく、必要な分だけ行えば問題ありません。

会社によっては、次年度以降は印字してくれている場合がありますので、
その際は保険会社から届いた生命保険料控除の用紙だけ提出すれば問題ありません。

書き方についても難しくはないので、ご自身で行うことができます。
※生命保険料控除 書き方で検索してみてください。

保険に加入していて使用していない方がもしいらっしゃるようであれば、
必ず実施してください!

年収によって所得税や住民税が変わりますので、ご自身のことを知りたい方は一度お話ししてみませんか?
お気軽にご相談ください!

それではまた次回。

記事検索

NEW

  • 【横浜市 相談】 円安が加速!私たちへの影響は?

    query_builder 2022/03/31
  • 【横浜市 相談】 介護保険料っていつまで払うの?

    query_builder 2022/03/24
  • 【横浜市 相談】 コロナ感染→復帰まで 実体験に基づくお話

    query_builder 2022/03/11
  • 【横浜市 相談】2022年 値上げするものカレンダー

    query_builder 2022/03/09
  • 【横浜市 相談】世界とこんなに差があるお金の置き場所

    query_builder 2022/02/21

CATEGORY

ARCHIVE